2008年11月18日

歯科矯正

約1年前、娘は学校の歯科検診で不正咬合の用紙をもらって帰ってきました。幼稚園の頃から、下の前歯が上の前歯を完全にかぶせるような歯並びだったのですが、歯医者さんで「永久歯に生え変わる頃に自然に変わっていく可能性もあるので」と言われていたので期待していました。が、ついに治療をするのにぎりぎりの年齢になってしまい、当初から診てもらっていた歯医者さんから見積もりを取ったら、
ギョエ〜W(°θ°)W」とても払いきれる金額ではなかったので、交渉したところデンタルローンを勧められ、元金だけでもビックリなのにそれ+金利かいっむかっ(怒り)と言う訳で交渉は決裂。はて、どうしたものかと悩んでいたところ、こういうときはやはりママ友だねぇ〜
「安いところあるよ」と言われ、早速電話してみたところ「月に1度しか来ない矯正の先生が今週来るから」と、なんだかこれも縁かしらという感じで、予約して行ってみました。そこで色々話を聞いて、金額の話を聞いたら、最初の歯医者さんのなんと1/3じゃないのぉ〜手(チョキ)
一括ではもちろん支払えないので、分割なんですが、
ここの先生は、ローンは使わない主義ということで、2年以内に払い終わる事が条件で、早速契約しました。
レントゲンを撮った結果、頭蓋骨の割合に対し顎が上下とも大きく(娘は顔と頭は非常に小さいので)、又、顎に対して歯が大きいので、娘の歯科矯正の基本は、顎を歯に対して拡大する事になりました。
顎の拡大器具は、歯の内側に装着するタイプで、外見では付けているかどうか分かりません。週に1回決めた曜日に、自分で器具を拡大させるねじを巻き拡大させていきます。四六時中装着しているほうが当然早く顎が拡大するので、付け始めはしんどかったのですが、慣れてしまえばすんなり受け入れられました(娘は1ヶ月もしないうちに慣れました)。頑張って装着し続けたので、先週ついに顎の拡大は、ほぼ終了しました。現在では夜寝る時だけ、下顎のみ装着すれば良いため、昼間装置を付け忘れてきたと思うほどになっていました。
矯正治療期間は、2年が目安だったのですが、未だ治療を開始して1年なのに、もう治療は終盤になりました晴れ小児歯科矯正はあまり早くから始めると、時間とお金がかかり親子とも負担に感じるものです。しんどいので途中でやめても、治療費は払い続けなくてはならないので、じっくり親子で話し合った上、色々な歯医者さんから見積もりをとることが大事だと痛切しました。
又、金額ばかり気にしていると、治療がどこまでしてもらえるのかを聞き逃しかねないので、どの程度の歯列を望んでいるのかを先生に伝える事が大切です。治療費の他に、月に1回ほど歯の矯正状況を診てもらい、器具を色々いじって顎にきちんと収まるよう、金具の調整をしてもらうのに、また別にお金が掛かります。これも歯医者さんによって違いました。
あと少しで、治療が終わる目途がついて「やれやれ」といった所です。
posted by なおさん at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

英会話

娘は、4歳から英会話教室に通っています。
様々な英会話教室の見学に行ってた時、とある英会話教室の先生(女性、やや太め、ドレッドヘアーのアフリカ系)が、教室の外で子供を笑顔追いかけまわしていました
娘は外国人をまだあまり見たことが無かったせいもあってか、非常に怖がり(肌の色と対照的な真っ白い歯を見せて追いかけていたシーンが、確かに子供から見ると怖いかも)主人の後ろに隠れてしまいました。それもあって「先生はジャパニーズの英会話教室が良いでしょう」と思い、たまたま我が家に営業に来た方が明るく元気で楽しい雰囲気だったので、無料体験レッスンをお願いしました。娘も気に入り、入会する事になり、高額な教材を最初に購入させるところだったのですが、娘の将来を考え頑張って一括で購入しました。
ところが、その方は本部から派遣されている営業向けのスタッフだったみたいで、いざ入会してみると、「英語教師になるための研修を受けたばかりの幼稚園の先生」的な人が授業を受け持ち、テンションもあまり高くなく、子供を盛り上げるのが、あまり上手ではありませんでした。クラスを替えて違うお友達のところに編入してみたりしたのですが、結局、半年程でそのクラス全員が退会しました。今、別の英会話教室に通ってますが、新品同様の教材がむなしい感じです。家族で一泊旅行が出来たわたらーっ(汗)
現在の英会話教室は、先生はネイティブな北米系の方で、ヒアリングに関しては、娘のほうが中学生から学校で日本人に習った親世代より断然良く発音も、親の私達が読み上げると「むかっ(怒り)何言っているか分からない」と言われる始末で、娘のほうが当然きれいですぴかぴか(新しい)ただ、英会話教室なので、書いたり読んだりするのが意外と出来なくて、そういうクレームが多かったらしく、別料金で学校が長期休みに入る前の短期レッスンと言う形で補講するようになりました。
でも納得できないよね( ̄^ ̄;)
ラベル:幼児教育
posted by なおさん at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

動物好き

みのりとダチョウ.jpg先日、娘が「どっかに連れて行って」と言うので近所の動物園に連れて行きました。娘は無類の動物好きで、小さい時から動物とふれあう事を喜びました。なので、動物園は基本的に「見るところ」であって「ふれあうところ」があまり無いので、フラストレーションが溜まるらしく機嫌が徐々に悪くなっていきました。それでも、ヤギや羊が触れる小さなスペースでヤギにブラッシングをしてやり、ヤギを寝かしつけていると機嫌がやや良くなったのですが、「子供牧場」と書いてあるのに「牧場のように牛や馬、豚など等に触ることが出来な〜いむかっ(怒り)爆弾」とまたまた不機嫌になり、周りの小さな子供達からはあまりにも大きくなっている娘は、そこの空間が似合わなくなっていました。これが子供の成長なのかもしれないと実感しました。それにしても今後動物と触れあうために、牧場めぐりをしなければならないのかと思うと、気が重いですたらーっ(汗)

exclamation写真は数年前のダチョウとのふれあいシーンですあせあせ(飛び散る汗)
ラベル:牧場 動物園
posted by なおさん at 14:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

舐める

うちのわんこは、おなかが空いたり食後に必ず家のフローリングやカーペットを舐めます。何が美味しいのか良く分かりません。
今日は、炬燵布団を食後に舐めるのを見ました。フローリングは、舐めた跡が付くので部屋中、長方形のてかりぴかぴか(新しい)が出来てます。
人間の食卓に、料理が乗って自分がもらえない時は更にヒートアップして大変になります。舐めるたびに一応叱るので、いけないことだとは分かっているようで、床がいけないならここなら「ど〜だexclamation」みたいに「」をベロベロします。そこまでして何を味わう?
ラベル:悪癖
posted by なおさん at 11:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

トマトジュース

お中元やお歳暮で頂く、ジュースの詰め合わせ。メーカーによっては子供が喜ぶものばかりが入っている物もあれば、約半分は大人の健康を気遣って、一緒に詰め合わされて入っている「これ、どうしよう・・・たらーっ(汗)」的なトホホな物もありますよね。我が家では娘が離乳食の頃、このトホホで残った100%の無塩トマトジュースは非常に助かりました。このトマトジュースをコンソメスープの素(もちろん離乳食用の無塩タイプ)を溶いたスープに入れて、お野菜や肉団子と一緒に煮て食べさせてました。ハンバーグのソース用に少しかために作ってもOKです。大豆の水煮とベーコン、キャベツを入れて、ミネストローネにもできます。結構、応用が利くので、お友達にも紹介しました。よろしかったら試してみてね晴れ
ラベル:変身
posted by なおさん at 11:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

小室ファミリー

2~3日前からニュースやワイドショーを賑わせている「小室哲哉逮捕」の事件のお陰で、頭の中で様々な小室ソングがリフレインしていて、困ります(^^)ヾ。この所、ヒットも無くて話題作りにしてはシャレにならないんだけどねぇ〜。誰も助言してくれる人が、居なかったんでしょうかね・・・見ていて、遣り切れない気がしました。奥さんのKCOさん、頑張って一緒に借金の清算していくんでしょうが、刑務所の中から新曲を作って、ヒットでも出せれば借金の返済の道筋がつくかもね。
ラベル:小室哲哉
posted by なおさん at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。