2008年11月13日

英会話

娘は、4歳から英会話教室に通っています。
様々な英会話教室の見学に行ってた時、とある英会話教室の先生(女性、やや太め、ドレッドヘアーのアフリカ系)が、教室の外で子供を笑顔追いかけまわしていました
娘は外国人をまだあまり見たことが無かったせいもあってか、非常に怖がり(肌の色と対照的な真っ白い歯を見せて追いかけていたシーンが、確かに子供から見ると怖いかも)主人の後ろに隠れてしまいました。それもあって「先生はジャパニーズの英会話教室が良いでしょう」と思い、たまたま我が家に営業に来た方が明るく元気で楽しい雰囲気だったので、無料体験レッスンをお願いしました。娘も気に入り、入会する事になり、高額な教材を最初に購入させるところだったのですが、娘の将来を考え頑張って一括で購入しました。
ところが、その方は本部から派遣されている営業向けのスタッフだったみたいで、いざ入会してみると、「英語教師になるための研修を受けたばかりの幼稚園の先生」的な人が授業を受け持ち、テンションもあまり高くなく、子供を盛り上げるのが、あまり上手ではありませんでした。クラスを替えて違うお友達のところに編入してみたりしたのですが、結局、半年程でそのクラス全員が退会しました。今、別の英会話教室に通ってますが、新品同様の教材がむなしい感じです。家族で一泊旅行が出来たわたらーっ(汗)
現在の英会話教室は、先生はネイティブな北米系の方で、ヒアリングに関しては、娘のほうが中学生から学校で日本人に習った親世代より断然良く発音も、親の私達が読み上げると「むかっ(怒り)何言っているか分からない」と言われる始末で、娘のほうが当然きれいですぴかぴか(新しい)ただ、英会話教室なので、書いたり読んだりするのが意外と出来なくて、そういうクレームが多かったらしく、別料金で学校が長期休みに入る前の短期レッスンと言う形で補講するようになりました。
でも納得できないよね( ̄^ ̄;)
ラベル:幼児教育
posted by なおさん at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。